美容

ノーファンデメイクはアラフォーにこそおすすめ!肌に優しい暮らしを始めよう

抜け感のある美肌を演出できると人気のノーファンデメイクに、憧れる方も多いと思います。「でも、年齢的にノーファンデメイクってありなの?」と不安に思っている人にこそ、ノーファンデメイクにチャレンジして欲しいのです。

というのも、ノーファンデメイクは、とにかく肌に優しいから。肌がきれいだからノーファンデメイクをするのではなく、肌をいたわるためにノーファンデメイクをして、その結果より健やかな素肌が手に入ると考えてください。魅力的な取り組みだと思いませんか?

今回は、40代におすすめのノーファンデメイクについて、解説します!

 

1.ノーファンデメイクは40代でも大丈夫?

毛穴の開きやたるみ、シミやシワと気になる部分が増えてきた40代にとって、素肌っぽさのあるノーファンデメイクは難しそうに感じるかもしれません。ファンデーションを薄く塗っていれば十分だった若いころとは違い「しっかりファンデーションを塗らないと、自分のアラを隠せない」と感じている方も多いと思います。

でも、心配はいりません。アイテムを選べば、美しいノーファンデメイクは実現できます!

1.1 機能性の高いメイクアイテムを駆使すべし

勘違いしている人も多いのですが、ノーファンデメイクはすっぴんとは違います。

ノーファンデメイクは、その名前からも分かるように「ファンデーションを使わずに仕上げる」メイクです。「ファンデーションなしだなんて、シミやくすみを隠したい40代には、やっぱり難しいのでは?」と思うかもしれません。

ですが、自分の肌に課題を感じ始める40代にこそ、素肌をいたわり、育てるノーファンデメイクはおすすめしたいメイク術なのです。

1.2 簡単!トレンドのツヤ感を演出できる

ノーファンデメイクは、しっかりとファンデーションを塗ったメイクよりも、ナチュラルなツヤ感を手に入れることができます。ツヤ感を手に入れられる理由は、基礎化粧品からメイクまでを丁寧に行うメイク方法だからです。

トレンドのツヤ感を、ノーファンデメイクで簡単に手に入れられるなら、嬉しいですよね。

2.スキンケアが「ノーファンデライフ」成功の鍵

では、ノーファンデライフを成功させるために、取り組むべきポイントを見ていきましょう。

2.1 デイリーな丁寧ケアが大切

ノーファンデメイクは、健やかな肌が大前提となります。健やかな肌を手に入れるためには、デイリーなお手入れが何よりも大切です。

2.2 素肌を整えるクレンジング&洗顔

ノーファンデメイクをするためにはまず、正しいクレンジングと洗顔で素肌を整えていきましょう。

クレンジングはオイルよりもジェルやクリームを選ぶようにしてください。肌に適度な潤いを残すことができます。摩擦を減らすためにも、クレンジングは少し多めに手に取って使用するのがコツです。まんべんなくクレンジングを馴染ませたら、優しく、ぬるま湯で洗い流してください。

洗顔も、洗顔料を手でしっかりと泡立ててから、優しく包み込むように行いましょう。朝、晩、きちんと洗顔して、肌から余分な皮脂や汚れを取り除くようにしてくださいね。

2.3 丁寧に保水しながら毛穴ケアをしっかりと

保水は、基礎化粧品でしっかりと行いましょう。

水分が不足して乾燥した状態の肌は、ハリが失われ、毛穴の凹凸も目立つようになってしまいます。これが、毛穴が開いて見える原因です。水分不足による毛穴の開きには、基礎化粧品による適切なケアで高い効果が期待できます。化粧水をつける際には、肌の奥まで水分が届くように、たっぷりと使うようにしましょう。手のひらでつける場合は、顔を包み込むようにハンドプレスしながら、丁寧に浸透させます。コットンでつける場合は、コットンに化粧水を含ませたら、優しく肌に馴染ませるように化粧水をつけていきましょう。

毛穴ケアにはビタミンC入りの美容液もおすすめです。基礎化粧品で肌のコンディションを整え、健やかな状態を保つようにすると、毛穴は自然と目立たなくなります。朝晩の基礎化粧品を使ったお手入れタイムは、少しだけ丁寧に自分の肌と向き合ってみてください。

適切なケアで肌にハリを取り戻し、毛穴の目立たない滑らかな肌を手に入れましょう。

3.年齢を感じさせない「ノーファンデメイク」を実現する方法

では、ノーファンデメイク方法について、見ていきましょう。

3.1 肌は保湿しながら美しく魅せるのが大事

40代は肌の悩みやトラブルを感じやすいため、メイクを始める前にはしっかりと基礎化粧品で肌を整えてください。

日焼け止めも、忘れずに塗りましょう。日焼け止めの塗り方としては、額・鼻・両頬・顎のせて、内側から外側に向けて伸ばしていきます。ただ手にとって適当に塗るのではなく、この手順を守ることで均一に、きれいに日焼け止めを伸ばしやすくなります。

ここまでできたら、仕上げにフェイスパウダーをつけていきます。

どうしても気になるシミやくすみ、ニキビ跡などがある場合は、コンシーラーを使ってカバーしましょう。ファンデーションを塗らなくても、コンシーラーを少し使って上手にカバーすることで、気になる部分をきれいに隠すことが可能です。

コンシーラーにも、クリームやリキッド、ペンシル、リップ、パレットタイプとさまざまな種類があります。目の下のくすみやシミなど、ピンポイントで使いたい場合はペンシルやリップタイプ、頬の毛穴など広範囲に塗りたい場合はクリームやリキッドなどテクスチャーの柔らかいものを、というように、カバーしたい箇所に合わせて選ぶようにしましょう。

3.2 フェイスパウダーでふんわり仕上げ

気になる部分をカバーできたら、最後にフェイスパウダーで仕上げます。

フェイスパウダーは素肌感をアップさせる効果だけでなく、化粧崩れも防いでくれる心強いアイテムです。フェイスパウダーは、自分好みのものを選んでください。ツヤ肌に仕上げたいのか、マットに仕上げたいのか、自分が目指すイメージに合わせたアイテムをチョイスしてみてください。

フェイスパウダーをつけるときには、ブラシを使うとノーファンデメイク特有の抜け感をより高めることができるので、おすすめです。テカりやすいTゾーンや、小鼻まわりなど気になる部分を中心につけていくようにしましょう。頬にのせるときには、内側から外側に向けて、円を描くようにクルクルと塗るのがポイントです。

最後に、残ったフェイスパウダーを口や顎まわりに軽くのせましょう。

4.ノーファンデでもポイントメイクでトレンド顔に

ノーファンデメイクは、上手にポイントメイクを取り入れることで、トレンド顔を実現できます。

4.1 40代をヘルシーに演出してくれる「チーク」を味方に

顔色が悪く見えがちで、不健康そうに見える悩みを抱える方も多いと思います。

そんなときにはチークを取り入れて、ナチュラルかつ血色の良い顔色を演出してみましょう。コーラルカラーを選ぶと、健康的な顔色にできますよ。チークは、微笑んだときに一番高くなる頬の部分に入れていきます。クリームタイプのチークは指先に取り、ポンポンと馴染ませるように塗りながら、薄く広げていきます。パウダータイプの場合は、ブラシに適量を取ったらクルクルと円を描くように塗っていきましょう。

マスク越しにも、チークをしているのといないのとでは、華やかさが違います。「マスクをしてしまうから」こそ、健康的に見えるチークを上手に取り入れていきましょう。

4.2 「アイシャドウ」で目元に大人の表情を

「ノーファンデメイクのポイントメイクの要はアイメイクである」といってもいいほど、アイシャドウはその印象を左右するポイントとなります。

アイシャドウはアイホール全体に塗り、同系色のアイシャドウをまぶたと目の際に重ね付けします。アイシャドウと一緒に、眉も整えましょう。ノーファンデメイクには、自眉を生かしたメイクがおすすめです。ふんわりと、自然に仕上げるためにパウダータイプを使って、軽く形を整えてください。

4.3 チップで効果的なポイント「アイライン」

目元の仕上げは、アイラインです。アイラインは苦手、という人も多いようですが、印象的な目元は肌の透明感をより高めます。

3ステップで完了するので、挑戦してみてくださいね。

1.目頭から黒目にかけて、まつ毛の間を埋めるように引いていきます。

2.黒目から目尻へ、少しずつ隙間を足していくように引いていきます。

3.お好みで、アイラインの太さを調整します。3mmから5mmの太さが一般的とされているので、その中から自分の好みの太さを見つけるようにしましょう。

目尻を少しだけハネ上げると、自然に仕上がります。

4.4 似合うリップカラーで「きちんと感」を演出

仕上げは、リップです。

リップを塗ることで血色がよく見え、きちんと感を演出することができます。ノーファンデメイクに馴染む、自然な仕上がりを目指すなら、スモーキーカラーがおすすめです。

素の唇に近いカラーを選ぶようにすると、自然な抜け感を演出できます。

5.肌を育てるノーファンデメイクライフ

肌を休ませ、育てるノーファンデメイクですが、気をつけたいポイントがあります。

5.1 どんなものでも厚塗りは絶対NG!

まず、注意したいのが「厚塗り」です。「ノーファンデだと不安だから」と、コンシーラーやフェイスパウダーをつけすぎてしまうと、これはマイナスにしかなりません。

・肌の透明感がなくなる

厚塗りをすると、肌の透明感がなくなってしまいます。せっかく自然なツヤ感を演出できるナチュラルメイクなのに、厚塗りをしては台無しです。

厚く塗ればきれいに見えるというわけではないので、全体的には薄く、必要な箇所にだけメイクするようにしましょう。

コンシーラーも、顔全体に使用するのではなく、どうしても気になるポイントにだけ使うようにします。

・小ジワが目立つ

コンシーラーやフェイスパウダーを厚く塗ってしまうと、小ジワが目立つようになります。

目や口のまわり、おでこなどは特に表情が変わるたびに動きますから、そのシワが却って深く刻まれて、跡のように残ってしまうのです。薄くつけることで、小ジワも目立ちにくくなります。

5.2 ノーファンデメイクを成功に導く夜のメイクオフ術

ノーファンデメイクは、健やかな素肌が必須となります。健康な素肌を手に入れるためにはスキンケア、特にクレンジングは重要なポイントです。

・ノーファンデメイクでもクレンジング必須

「ノーファンデだから、クレンジングは簡単に」とクレンジングを適当に済ましてしまうことはありませんか?

ノーファンデメイクでもしっかりとクレンジングはするようにしてください。その日の汚れはその日のうちにクレンジングで落とすことが、美肌への近道になります。

・洗顔は優しく丁寧に

洗顔は、メイクをしていても、ノーファンデでも、優しく丁寧に行います。たっぷりの泡で包み込むように洗うと、肌への負担を軽減できます。

・スキンケアの量は贅沢に

化粧水は、少し多めかな?と思うくらいを手のひらに出し、顔を包み込むように浸透させていきます。

美容液などは、目元や口元、額などの気になる箇所にしっかりと丁寧に塗りましょう。

6.肌を休ませながら美肌に見せられるノーファンデメイク

日常的に使っているファンデーションですが、実は使用し続けることで肌に負担を与えてしまうこともあります。

クレンジングの種類によっても、肌の負担となる成分が含まれていることもあります。つまり、ファンデーションの使いすぎは、肌には良くないということです。となると、肌を休ませるという意味においてもノーファンデメイクは大変有効なスキンケア方法となります。

肌の揺らぎが気になり始めるアラフォーだからこそ、肌を休ませながらきれいに見せられるノーファンデメイクは、肌の悩みにフィットしたメイク方法といえるのです。そのうえ、忙しい朝のメイク時間短縮にもつながりますから、嬉しいことばかりですよね。

ぜひ、肌を休ませ、育てるノーファンデメイクを取り入れてみてください。